生活の豆知識 銀行のいろいろな手続きガイド

新築住宅購入に際して銀行住宅ローンを不動産屋さんに、斡旋してもらいました。手続きは、実にスムーズにいきました。

生活の豆知識 銀行のいろいろな手続きガイド

銀行の住宅ローン手続きを仲介してもらいました。

とある日、用事足しに車で移動中、派手な電柱看板が目に入った。よく見ると看板にこう書いてある「新築戸建1980万円」試にどんな造りをしているのか見に行ったのが運の尽きか、縁があったのか知らないが、急転直下購入に向って進み始めた。まずはどの銀行で融資を受けるかだ、その際にも不動産屋さんがアシストしてくれるので安心だった。

色々不動産屋さんに聞いてみると地元の銀行が使い勝手がよくて、全体的に諸費用が安くて済むらしい。なんといっても固定期間の金利が安い。因みに年収で400万以上で借金もほとんどなければかなり有利らしい。これで公務員だったらもっと良いらしい。そこで聞いた話だが家を変える条件が整っている人で最も多い失敗は、先に車のローンを組んだことにより家のローンが認可されないことだそうだ。家のローン事前審査が認可された後、安心して車を購入した人も結構いるそうだ。「すべての手続きが終わり、決済終了後だったら何でも購入してください」とのことでした。そして私は地元地方銀行の住宅ローンを使うことにした。銀行とは預金ぐらいしか付き合いがなかったが、これからは長い付き合いになるんだなと思った事を覚えている。実際の住宅購入までは何段階か踏むのだが、最初に購入する申込書に署名⇒銀行の事前審査⇒不動産屋さんと契約を交わす⇒銀行本申込み⇒銀行の承認が降りたら「金消」※金銭消費賃貸借契約書を交わす⇒融資実行の流れだ

実際に目の前にお金が積まれるわけではないので実感が全くない、実にあっさりした事務作業で銀行の融資は終わる。後は現物を戴くのみです。頑張って返済をして行こうと思います。